僕が15で社長になった理由


カテゴリ
EX-LIBRIS
EX-LIBRIS/一覧 (47)



Amazon.co.jp和書ホームページ

2004年7月
       
7

新着エントリ
報道の経済的影響 (8/12)
サステナブル時代のコミュニケーション戦略 (1/30)
プロフェッショナル広報戦略 (1/2)
深呼吸宣言 (12/29)
グローバル・メディア産業の未来図―米マスコミの現場から (12/4)
ブログマーケティング (12/4)
虚像(メディア)の砦 (7/2)
韓のくに紀行 (4/6)
情報セキュリティで企業は守れるのか (3/22)
西武王国 −その炎と影 (3/10)
カンボジア号幻影 (3/9)
ローマ人の物語12巻「迷走する帝国」 (3/7)
ウーマンアローン (3/7)
Dear my Life (3/7)
電車男 (2/1)
週刊誌血風録 (1/23)
自分探偵社 (1/8)
連鎖破綻―ダブルギアリング (1/6)
ハゲタカ(上・下) (12/29)
雪印の落日―食中毒事件と牛肉偽装事件 (12/23)
検証・「雪印」崩壊―その時、何がおこったか (12/23)
UFJ消滅―メガバンク経営者の敗北 (12/23)
キャリア転機の戦略論 (10/31)
月刊!木村剛 (9/22)
風のアジテーション (9/5)
「この仕事ならこの英語」〜広告・PR・メディア〜 (9/3)
企業広報講座X 危機管理と広報 (8/25)
実践・危機管理読本 (8/21)
ハワイ極楽投資生活入門 (8/20)

新着トラックバック/コメント



【楽天市場】本・雑誌・コミック

アーカイブ
2004年 (29)
6月 (8)
7月 (6)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (4)
2005年 (15)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (6)
4月 (1)
7月 (1)
12月 (3)
2006年 (3)
1月 (2)
8月 (1)


アクセスカウンタ
今日:1
昨日:54
累計:279,856


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年07月07日(Wed)
< 愛されるしくみ < バカ売れオンラインショッ... | ネット/一覧 | 儲かるネット副業 ―成功... > 全部1円!? 激安お買い物生...
僕が15で社長になった理由

家本賢太郎:ソフトバンクパブリッシング

01年の暮れに出版された本。
今になって目を通したのは、久しぶりに著者と会う機会が出来たからだが、読んでよかった。
中卒直後の15歳でクララオンラインを作った家本君とはその数ヶ月前に知り合い、8年間、遠くから注目していた。事業も順調に発展しているものと勝手に思い込んでいたが、倒産の危機にも直面し、無理な背伸びゆえの苦難の道筋があったようだ。
そのあたりの経緯が率直につづられている。
家本君を僕が評価しているのは、10代の若さで(今、現在は20代に突入した)自分のことを客観的に見つめることが出来、しかもそれを衒わずに書き記す勇気を持っていること。
彼のような青年を育てた家本家はすばらしい家族だと思う。

家本君は現在慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの4年生。事業も順調なようだ。


クララオンライン
iemotoブログ