サイレントマーチ


カテゴリ
EX-LIBRIS
EX-LIBRIS/一覧 (47)



Amazon.co.jp和書ホームページ

2004年8月
14
       

新着エントリ
報道の経済的影響 (8/12)
サステナブル時代のコミュニケーション戦略 (1/30)
プロフェッショナル広報戦略 (1/2)
深呼吸宣言 (12/29)
グローバル・メディア産業の未来図―米マスコミの現場から (12/4)
ブログマーケティング (12/4)
虚像(メディア)の砦 (7/2)
韓のくに紀行 (4/6)
情報セキュリティで企業は守れるのか (3/22)
西武王国 −その炎と影 (3/10)
カンボジア号幻影 (3/9)
ローマ人の物語12巻「迷走する帝国」 (3/7)
ウーマンアローン (3/7)
Dear my Life (3/7)
電車男 (2/1)
週刊誌血風録 (1/23)
自分探偵社 (1/8)
連鎖破綻―ダブルギアリング (1/6)
ハゲタカ(上・下) (12/29)
雪印の落日―食中毒事件と牛肉偽装事件 (12/23)
検証・「雪印」崩壊―その時、何がおこったか (12/23)
UFJ消滅―メガバンク経営者の敗北 (12/23)
キャリア転機の戦略論 (10/31)
月刊!木村剛 (9/22)
風のアジテーション (9/5)
「この仕事ならこの英語」〜広告・PR・メディア〜 (9/3)
企業広報講座X 危機管理と広報 (8/25)
実践・危機管理読本 (8/21)
ハワイ極楽投資生活入門 (8/20)

新着トラックバック/コメント



【楽天市場】本・雑誌・コミック

アーカイブ
2004年 (29)
6月 (8)
7月 (6)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (4)
2005年 (15)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (6)
4月 (1)
7月 (1)
12月 (3)
2006年 (3)
1月 (2)
8月 (1)


アクセスカウンタ
今日:9
昨日:16
累計:278,717


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年08月14日(Sat)
< 鎖国=ゆるやかな情報革命 < ニッポンの爆笑王100 | ドキュメンタリー/一覧 | ハワイ極楽投資生活入門 > UFJ消滅―メガバンク経営者...
サイレントマーチ

砂田向壱:葦書房

22歳の子息をニューヨークで強盗のために奪われた父親が、ひとり銃社会のアメリカに立ち向かうドキュメント。
突然の凶報にやり場のない憤りと不条理へのとまどいの淵に沈んだ父親は、やがて、子息のために、後に続く日本人留学生のため、そして自らのためにも立ち上がることを決意する。行動を起こすと、クリントン大統領、モンデール大使、ジュリアーニ市長がそれに応えてくれる。
アメリカは、子息の命を奪った国である。同時にそこは、市民の声が届く希望の国でもある。
砂田氏は子息の事件の実態を明らかにするため、海を越えて刑事・民事の裁判にコミットする。
その行動力は九州男児の面目躍如たるものがある。

本書は1995年の発行であり、民事裁判のスタート直前で筆が置かれているが、著者の砂田向壱氏はやがて國松孝治氏とともに「ストップガンキャラバン隊」を立ち上げ、現在はその代表として日本・アメリカにおいて銃廃絶の運動に挺身することになる。
同氏は、九州大学客員教授であり、アカデミズムとビジネスの橋渡しをする文部科学省産学官連携コーディネーターとしての顔を持つが、そのいずれでも、エネルギッシュな八面六臂の活躍をされている。


Ph.D.砂田向壱ホームページ
Koichi Sunada Ph.D. Blog